風邪とインフルエンザの各症状

新型インフルエンザの症状が出たら、早めに治療に当たりたいものです。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状は、風邪をひいたときとどう違うのでしょう。

風邪をひいたときは、一般的に鼻やのどに異変が起きて、くしゃみ、鼻水、咳などで分かります。

新型インフルエンザに限らず一般的なインフルエンザの症状は、高い発熱がまず出ます。

熱は、38〜40℃くらいに達し、同時に筋肉痛、倦怠感、関節痛などになります。

インフルエンザのピークは2〜3日ですが、5日は様子を見て安静にしておいた方がいいでしょう。

肺炎や気管支炎を併発するインフルエンザもあります。

乳幼児や高齢者などといった体力が低い人がかかった場合は、厳戒の注意が必要であり、脳炎、肺炎、心不全などにまで至るケースもあるということです。

抗インフルエンザ薬の服用は、発症してから48時間までなら効き目があり、早めに飲めばその分効果につながります。

小児が服用する薬には、注意が必要な解熱剤がありますから、絶対に医師の診断を受けてから飲ませてあげてください。

熱が無事に下がった後でも、まだ周りの人に感染する危険性がありますから、引き続き気を付けなくてはいけません。

新型インフルエンザは発生したら、感染がとても心配になります。

新型インフルエンザにかかってしまわないよう、事前に個人一人一人が出来る予防策で対処していけば、感染の範囲は最小限に抑えることも可能です。

新型インフルエンザになる前に、知識をしっかり身につけておきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

まいたけで新型インフルエンザ予防
新型インフルエンザに対抗できる体作りに、効き目がありそうな食材をご紹介しましょう......
しそで新型インフルエンザの防止
新型インフルエンザが発生したときに備えて、効き目がありそうな食品をご紹介します。......
免疫力をアップしてインフル予防
新型インフルエンザウィルスに打ち勝つ体を作るために、運動や睡眠などで免疫力をつけ......
免疫力 新型インフルエンザ予防
新型インフルエンザが発令されたら、個人でできることは手洗いやうがい、マスクをする......
ダチョウ抗体の新型インフルエンザマスク
新型インフルエンザが発生したときに備えて、ガイドラインなどの必要性がいわれていま......
職場や事業者向け国のガイドライン
厚生労働省によって、職場や事業者向けの、新型インフルエンザ対策ガイドラインが作ら......

▲このページのトップへ