新型インフルエンザが、近いうちに世界的大流行(パンデミック)になるのではないかといわれています。
新型インフルエンザウィルスは、人間に鳥や豚などの動物ウィルスが感染して変異を起こし、そのウィルスが人間から人間に感染するようになったものを呼んでいます。
最近では、豚インフルエンザの記憶が新しいです。

スポンサードリンク

新型インフルエンザ発生の予防

新型インフルエンザというのは、表面の抗原性が、毎年のように流行るインフルエンザと違うのですが、周期10〜40年で起こっています。

スペインで1918年に起きたインフルエンザでは、世界規模にまで広がって、最終的に4千万人もの死亡者が出ました。

鳥インフルエンザウィルスが、東南アジアなどで以前に発生しましたが、人間に相次いで感染している強い毒性を持ったウィルスなので、変異したら新型インフルエンザになりそうだと囁かれています。

新型インフルエンザウィルスというものは、ウィルスが未知のものなので、大多数の人間が免疫を備えていません。

人間から人間へと次々に感染することが予想されるので、世界的大流行(パンデミック)も起こり得ると見られています。

新型インフルエンザが広まるスピードが昔より速いといわれており、理由として人口の増加と、飛行機などの交通手段が進歩したことがあげられています。

新型インフルエンザが広まれば、電力や交通機関などの社会的機能が麻痺することも予想されます。

国でも、新型インフルエンザウィルス対策を検討されていますが、個人レベルや家庭でも、自己防衛の手段をできることから行っていきましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

新型インフルエンザ症状と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.22cv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。